Education Pro

「概要」節にあるように、ガイナックスの初期から作品制作に参加し、その後取締役を務めていた庵野が独立して設立したスタジオである。彼は、当時のガイナックスの社内状況を鑑みて、構想していた新作を凍結、 『新世紀エヴァンゲリオン』(以下『エヴァ』)のリメイクに踏み切るが、自身の意思を経営に反映して責任が取れる場所が必要であるという思いから、独立を決意したと記している[9]。独立に際して庵野が『エヴァ』の原作者であることはガイナックス側も了解し、 彼が手がけた作品でガイナックスが収入を得た場合は、一定の比率でロイヤルティーをカラーに支払う契約を結ぶ一方、『エヴァ』の版権管理や商品化の窓口は引き続きガイナックスが持つ形としていた。 しかし、2012年頃からガイナックスからのロイヤルティー支払が滞るようになり、同社の経営陣から分割払の申し入れを受けた庵野は、これを了承した[10]。さらに、2年後には支払が進まない状況でガイナックスの経営維持を理由に1億円の融資を相談され、 『エヴァ』の商品化窓口やロイヤルティーの分配業務の移譲を1年前倒しにすることと、計画通りの返済を条件に、無担保・無利子でそれに応じた。『エヴァ』の版権は、2014年にカラーに移管された。 だが、2016年4月に支払や返済が再び滞り、カラー側からの問い合わせに対しても一切の返答がなかったことから、同年8月にガイナックスに対して債権仮差押えを申し立て(執行された)、9月に貸金の返還訴訟を起こす[12]。この裁判はカラー側が2017年に勝訴し、確定した[12]。一方でガイナックスが過去の制作作品の資料を売却していたことが判明し、カラーはそれらを入手して特定非営利活動法人「アニメ特撮アーカイブ機構」に管理を委託した。 2019年12月、当時のガイナックスの社長が不祥事で逮捕された際、『エヴァ』と同社を結びつける報道がなされたことに対し、カラーは「『エヴァ』は当社の作品で、現在のガイナックスとは無関係である」と抗議する声明を公式に発表している[13][14]。不祥事後にガイナックスの経営陣が刷新された際、カラーの版権管理会社「グラウンドワークス」の代表である神村靖宏が取締役社長に就任した[ 本作は第3次アニメ革命を起こしたとされ、日本アニメ史上で5本の指に入るほど重要な作品である。海外でも日本を代表するアニメ作品として知られている[要出典]。作品発表当時、物語の構造として、主人公の自意識や人間関係と、世界の命運という両極端なスケールの話が連動している事が斬新であったため、ポスト・エヴァンゲリオンとも言うべき作品が数多く生み出され、後 にそのような作品がセカイ系と呼称されるようになった[4]。さらに、製作委員会方式を採用した初期の作品であり、本編を収めたパッケージメディアの成功だけでなく、メディアミックスの一環として発売した漫画やフィギュアなどの関連商品も軒並みヒットし、本作以降首都圏で深夜を中心にアニメ放送が急増し(深夜アニメの登場)、21世紀以降のアニメ文化の枠組みを築い た。さらに、DTP向けのフォントを用いて、整然とした文字表現を行った最初のアニメシリーズである(当時のアニメでは手描き絵としての文字しか事例が無く、PostScriptフォントも出始めたばかりという時代にあって、フォントワークスのマティス-EBを採用した)。『新世紀エヴァンゲリオン』は夕方に放送されたアニメ作品であるが、内容的には現代の深夜アニメと類似し、 な描写が多数存在したことから、アニメファンではない一般層から苦情が寄せられていた。 1995年10月4日から1996年3月27日にかけて全26話がテレビ東京系列(TXN)で夕方の時間帯で放送された。放送時の視聴率は低かった上に、放送終了後には斬新なストーリーが物議を醸し、賛否両論の議論を引き起こした。1970年代の『宇宙戦艦ヤマト』、1980年代の『機動戦士ガンダム』と並び、後のアニメへ影響を与えた第三世代のアニメ作品でもあり、爆発的なアニメブームのきっかけとなった。1997年には、TVシリーズ版の結末(第弐拾伍話、最終話)とは別の結末を描いた劇場版『Air/まごころを、君に』(第25話、第26話)が公開された。 製作委員会方式で作られたテレビシリーズにはガイナックスは出資しておらず、映像作品からのリターンは庵野監督の脚本印税と監督印税のみとのこと[5]。 テレビアニメと漫画のメディアミックス作品であり、テレビ放送に先立つ1994年12月(1995年2月号)より角川書店の少年エースで貞本義行による漫画が連載開始され、18年後の2013年6月(2013年7月号)に連載終了。連載開始から19年後の2014年11月20日に最後の単行本(第14巻)が発売されて完結した。 2006年には、本作を新たな設定・ストーリーで「リビルド(再構築)」した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全4作の制作が発表され、2007年に第1作『序』、2009年に第2作『破』、2012年に第3作『Q』、2021年に第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』が公開された。 本作品の著作権者表記は、TVシリーズ版では「GAINAX/Project Eva.・テレビ東京」、劇場版では「GAINAX/EVA制作委員会」となっていたが、2006年に庵野秀明が自身の製作会社カラーを創設してからは「GAINAX・カラー」もしくは「GAINAX・カラー/Project Eva.」に変更。その後、テレビ放映20周年を迎える2014年末頃からは「カラー」もしくは「カラー/Project Eva.」に変更された[6]。 なお、テレビアニメ版、旧劇場版[注

Read more

吉河順央OfficialWeb

参加/主催したイベントのアーカイブなど(2014~ ★BLUE DRAGONリリースパーティatZEPP TOKYO BLUE DRAGON/青龍 Release Party 2014/1/26 at ZEPP TOKYO OPEN 15:00 START 16:00 CAST:青龍 a.k.a. Ryu☆ Support Member(順不同):Another Infinity/DJ UTO/ Mayumi Morinaga(moimoi)/Starving Trancer/ Dai/Halka/Yossy/Xceon/Prim/

Read more